股関節コンディショニング

骨盤の左右の凹みに脚の骨(大腿骨)がはまって構成されている股関節。その上にある重たい体幹部を上手く扱うためにもその動きは重要です。

とても安定性のある関節であり、同時に自由度もある関節です。

このため股関節が上手く動かせないとその上下に位置する腰部や膝に負担がかかります。

エクササイズを始めると股関節の動きの悪さや、つまりを感じる方もいらっしゃいますが、日常生活でその不具合に気づかない場合もありますね。

座っている時間が長いデスクワークの方などは、上半身と下半身をつなぐインナーマッスル<腸腰筋>や股関節の後面(お尻の筋肉)が硬くなっていることが多く、股関節が上手く動きません。

また姿勢の影響も受けます。例えば、スウェイバック(骨盤部が前方へ移動、お腹を突き出しているような姿勢)では股関節の前面の靭帯に常に負担がかかるので、股関節の動き改善とともに姿勢改善も求められます。

例えばスクワットをする時も股関節を上手く使えない方は少なくはないです。ヒップアップ目的でスクワットしているのに、ちゃんとお尻に効いていますか?膝が痛くなりませんか?前ももばかりが張ってきませんか?

せっかくトレーニングするのだから、効かせたいところに効かないともったいないですね。

スクワットなど股関節のトレーニングをする前に、股関節の動きを出すストレッチやコンディショニングが必要となってきます。