<コア>って何?

コアや体幹という言葉はよく耳にしますね。「お腹のことでしょ」なんとなくイメージはつきますね。では一般的にいう<コア>と<体幹>は何が違うのでしょうか。

まずは体幹ですが、頭と両腕・両脚を除いた部分、つまり胴体部のことを指します。

体幹部に限りませんが、アウターマッスルとインナーマッスルがあります。ざっくり言うと、体幹部のインナーマッスルで構成されたものが<コア>です。

コア(インナーユニット)横隔膜・腹横筋・骨盤底筋群・多裂筋で構成されています。これらは身体の深層にある筋肉で、特に姿勢維持・関節の安定性・呼吸に関与しています。これらインナーマッスルは小さな動きで、ゆっくりとした動作に使われます。

一方、アウターマッスルは体の表層にあり、大きな力や、素早い動作に関わります。いわゆる「シックスパック」に割れる!腹直筋はアウターマッスルです。

つまり私たちの骨格を支えているのがインナーマッスルなので、姿勢改善を目指すならば、もちろんコアをしっかり使ったエクササイズが必要になります。また腰痛などをお持ちの方もこのコアが働いていないと、腰部がとても不安定な状態になるので、インナーマッスルを意識したエクササイズは必須です。

姿勢改善や、腰痛改善には体幹トレーニングが良いとか、腹筋すると良いなんてことを耳にすることはありませんか。やたらめったら頑張る<ザ・腹筋>ではアウターマッスルである腹直筋ばかり使ってしまっているかもしれませんね。体幹トレーニングといっても幅は広いもので、有名どころのプランク(両肘と両つま先を床に置き体幹を支えるエクササイズ)ではインナーマッスルも発揮されているかどうかは人によります。。。

通常は高負荷のエクササイズや早い動きの時にアウターマッスルが優位に、低負荷でゆっくりの動きではインナーマッスルが優位に働きます。

しかし低負荷の動きでもインナーマッスルが上手く働かず、アウターマッスルでカバーしている方もいらっしゃいます。こういったパターンも腰痛などの痛みや不調を引き起こしやすくなります。

もちろんインナーもアウターも私たちにとって必要不可欠ですが、役割分担ができていないのが問題なのです。それぞれの役割を果たしてもらいたいですね〜

コアもしっかり働くよう呼吸とともにゆっくり動いてみてください。腹筋トレーニングです二つご紹介します。