タンパク質で代謝アップ

「筋肉をつけるならお肉(タンパク質)を!」というイメージが強くないですか?もちろんそうです、私たちの筋肉や皮膚や髪の毛や爪までも作っているのがタンパク質です。いつまでも若々しくいるためには必須ですが、十分な必要量が摂れている女性は少ないようです。ダイエットや健康の為に<お野菜は多く摂っています>という女性は割と多いようですが、タンパク質はいかがですか?

タンパク質の役割は私たちの身体を作るためだけではないのです!たくさんの役割を担っています。

前回にもお伝えしましたが、食べ物はそのまま体へ吸収されるわけではなく、咀嚼して小さくなった後は、様々な化学反応により変化していき、消化吸収、そして代謝されます。その際に必要なのが消化酵素であり、代謝酵素であります。これら酵素も実はタンパク質からできています!!

ホルモンや免疫、神経伝達物質としての働きもあり、また血液中でいろんなものを運ぶ運搬役も担っています。

例えば、酸素の運搬役として赤血球の中のヘモグロビンって聞かれたことありますよね?これも鉄とタンパク質からできています。なのでタンパク質不足ではヘモグロビンも十分に作れません。。。という事は細胞に酸素が行き渡りませんね。。

エネルギーを作る為に、細胞には材料となる栄養素も酸素も代謝酵素も必要です。この3つの役割に全てタンパク質は関与しています。タンパク質は不足すると上手く代謝ができないことがお分かりでしょうか。

理想的な1日のタンパク質摂取量は1g×体重と言われています。50kgの方であれば50g!目安ですが鶏肉でいうと250g~300gくらいに値します。結構な量でしょ、、

肉だけでなく、魚や大豆製品、卵などいろんな食材から摂ることをオススメします。

エネルギーを作る為にも酸素は必須!!タンパク質摂取と同様に、呼吸の改善も必須ですよ!!!口呼吸や、肋骨が前に張り出していたり、反り腰など姿勢の乱れも酸素過多となり、血中のphバランスが崩れるので、細胞に十分な酸素が行き渡りまん。食事とともに気をつけたいポイントですね。