首凝り

ステイホームのゴールデンウィーク。気が付いたらスマホを長時間見ていた!なんて事ありませんか。

スマホやパソコンを見て集中していると、気づかない間にどんどん頭が前へ出てしまい、首こりになってしまいますよね。頭の重さは5kgほどありますが、前へ移動するほどその重みは増していくので首に負担をかけます。

特に後頭骨と首の付け根のくぼみ辺りの筋肉(後頭下筋群)が硬くなっていませんか、押すと痛みがある方もいらっしゃると思います。この辺りには頭や目や耳などを支配している神経が密集しているため、かすみ目や、耳鳴り、頭痛が起こることもあります。

頚椎(背骨の首部)は7つの椎骨で構成されていますが、上部2つ(環椎後頭関節と環軸関節)が大きな可動域を有しています。ちょうどこの硬くなりがちな後頭下筋群があるところにあります。この筋肉を緩めて本来の動きを引き出してあげる必要があります。

しかし、頭をいいポジションに持ってくるためには、首を安定させる必要がありますが、その首の土台である胸郭(肋骨、胸骨、胸椎)が安定していなければなりません。つまり良いポジション、姿勢改善が根本解決ですね。胸郭が安定すれば、横隔膜が正常に機能するので、呼吸改善にも繋がります。

つら〜い首こり、まずはストレッチ&動きを引き出すエクササイズお試しください。YouTubeチャンネル登録お願いします